口コミ・評判・レビュー「しるべ」

今が旬!秋刀魚をたら腹食べて老化防止

ニュージーランドの季節は、今春を迎えています。春なのに~♪スーパーではサンマが売ってありました。春でも食べられる訳ですから、”秋刀魚”という宛字はおかしいことになる(笑)
Sanma
もともと秋刀魚という漢字は、大正時代から使われていているそうです。

確かに、”秋に食べられる刀のような魚”とは、とてもよく考えたもの。それ以前は夏目漱石の有名な小説”吾輩は猫である”では”三馬”という表記がされていますが、これまた、かなり強引。

3つの馬から、あの銀色に輝く細いサンマは、ちょっと想像できません。夏目漱石も、何を血迷ったのでしょう?もしかして中国の影響?マグドナルドを”麦当劳”と、想像を絶する漢字を使ってくる国民ですから(;゚Д゚)!

正式に英語で何というのか知らないんですが、こちらでもSanmaという名前で広く知れ渡っています。

ということは!・・・・”明石家さんま”が、世界で活躍したらすぐ名前を覚えてもらえる(^^;・・・

すいません!話が随分それましたm(_ _)m


ここの秋刀魚、遠く台湾からやってきた冷凍の秋刀魚のようですが、とても新鮮そうなので迷わず購入!

値段は、しめて4匹で日本円にして約500円。うーん、悪くないヽ(^0^)ノ

今晩の献立は秋刀魚の塩焼きに決定です!

因みに生のサンマの鮮度の見極めは

○ 尾を持ちサンマの頭を上に向けたとき、体が曲がらずにできるだけまっすぐに立つもの
○ 目が濁っていないもの
○ 口先がほんのり黄色いこと

というのがポイント!

サンマには、血液の流れを良くし、脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防すしてくれます。
また、ドコサヘキサエン酸も
豊富に含まてるので、体内の悪玉コレステロールを減らし、脳細胞を活発化させ、頭の回転を良くする効果があるんです。値段に似合わず、とてもすんばらしい魚だこと!

皆さん、ぜひこの旬のサンマを、今のうちにお腹いっぱい堪能してください!そして、よければニュージーランドのサンマも、いつかお試しあれ♪



Return Top