口コミ・評判・レビュー「しるべ」

子どもの安全を守りたい。でもスマホは持たせたくない。そんな親御さんへ

幼い子どもが被害にあう事件が多発する中
我が子の安全を心配する親は多いことと思います。

3人の子どもを育てる身として、
そういった事件は本当に腹立たしく、悔しく、無念でなりません。
学校に送り出した子どもの後ろ姿に、
「どうか今日も元気に帰ってきてね」と呟くのはいつの時代の親にも共通することだと思います。
しかし、今と昔ではその心配の種類が全く異なっているのではと感じます。

子どもの行動範囲が広がってくると、どうやって子どもが安全であるかを把握しておくのかという親の課題が一つ増えます。
新一年生の親御さんもさぞ悩まれたことでしょう。

今は学校からICカードが配布され、校門を通過した時間を通知してくれるサービスを導入しているところも多くなってきました。
しかし、(我が子が通う学校の場合)校門を出た時間はわかりますが、
そのあとの行動については把握することができません。

では、携帯を持たせようか。
よくある子ども用の携帯は親のキャリア契約が必要である場合が多く、
なかなか気軽なものではないと思います。

では、simフリーのスマホを持たせようか。
それはそれで、スマホによる弊害や他の犯罪被害などの心配が出てきます。

そこで、ご提案したいのが子どもようのウォッチフォン。

荷物を持たせても、あちこち忘れてきがちな子どもには、
身につけるタイプが一番です。
現に一度息子にスマホを持たせた時、公園のベンチに荷物を放置して遊んでいるので、
こちらの連絡に全く気づかないまま帰宅したということが続きました。

ウェアラブルタイプであれば、いつでもつけていてくれるので安心感もアップ。
こちらは娘用のピンク。息子にはブラックを持たせています。
格安SIMを指していますので、500円ほどの運用費です。
データ専用SIMだとチャットのやり取りしかできないため注意。
通話もしたい場合は音声対応SIMをさしましょう。

こちらはOAXIS社のWatch Phoneという製品です。
親のスマホと専用アプリで接続します。
もちろんGPS機能もありますし、アラーム機能や、ワンプッシュのSOS発信機能、学校にいる間はSOS発信以外の操作ができない制御機能もあります。

チャットは子どもからはボイスメッセージとスタンプを送信できるようになっており、
文字入力ができないお子さんでも使用できます。
遊びに夢中になってうっかりSOS発信をしてしまうことがありますが、
ボタンを手の甲で押してしまわないように右腕につけることで改善しました。

正直、表示されるキャラクターなどは全然可愛くないですが、
手軽さと子どもの安全には変えられません。
スマホを安全に使いこなせるようになるまでは、
こちらにお世話になることにします!

お子さんの安全管理、どうしよう。。と悩んでるお父さん、お母さん。
私はウォッチフォンおススメしますよ♪



Return Top