口コミ・評判・レビュー「しるべ」

世界の大企業が会社の威信を賭けて争っている

F1というスポーツは、安全のためにルールが厳しいと話しましたが
もう一つルールが厳しい大きな理由があります。
基本的には各チーム(各大企業)が会社の持てる技術を全て賭けて安全で
速いマシンを開発して争っているスポーツなのですが、その時代、その時代の
流れというか求められていることに対応したルールになっていることが多く、
昔はとにかく速くて壊れないマシンを求められて
いたのですが、今やエコの時代、小さいエンジン、高燃費でかつ速いマシンを
作ることが求められています。速いクルマを作れと言われながらも
エンジンは小さくかつ燃費も求められる!矛盾してますよね!?
具体的に少しルールを説明するとエンジンの排気量は1.600㏄です。
市販車に例えると旧型のスズキのスイフトスポーツです。
その下の1.500㏄にはトヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、日産のマーチ、
マツダのデミオなどのコンパクトカーとほぼ同じサイズのエンジンです。
そんな小さいエンジンで時速300㎞以上出るんですから、
その技術は凄いことがわかりますよね!?
ちなみに燃費に関してですが、1レースで搭載できる燃料は105㎏と決まっています。
リッターに換算すると約120ℓですね。1レースの距離が約300㎞と決まってます
ので燃費は約3㎞弱ということになります。時速300㎞以上出しながら
加速減速を急激に行いそれを繰り返しているのですから、
相当燃費が良いということになります。
この話を聞いて少しは興味が湧いたのではないでしょうか。
皆さんが普段乗っている大衆車と同じ大きさのエンジンで
レースが行われているのです。
そして、少なからずその恩恵を皆さん受けているのです。
F1というスポーツで各自動車メーカーが威信を賭けて技術開発に投資をして
そこで得た情報、技術を生かして市販車を開発して販売してるのです。
だから、小さいクルマでもある程度加速力があってかつ、
燃費も良く壊れないクルマが皆さんに供給されているのです。
そういった、未来の為に厳しいルールを設けて、その中で試行錯誤し
最高のマシンを作り上げる。
F1で勝利を得ることが出来れば世界一の技術を持ったチームということに
なりますから過去の歴史を見ても、F1で世界一になった企業は
必ず売り上げを伸ばしています。
企業の威信を賭けて戦っている姿は美しくて素晴らしい
F1とはそういうスポーツなのです!
次回はF1とは世界でどういう位置づけのスポーツなのか語ろうと思います。















最終更新日 2018.01.04 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
[F1] カテゴリの最新記事


Return Top