口コミ・評判・レビュー「しるべ」

「自分が撮った写真を売ることができるアプリ」foapを使ってみました。

こんばんは。
小遣い稼ぎをする方法として、自分が撮った写真を売って利益を得るという方法がある事をご存知ですか?
似たような写真がいくつもある訳なので、売れる確率はうーんと少ないですが、
楽しく稼ぎたいと思っている人には、良い方法だと思います。
こんなアプリや稼ぎ方があるんだね!というような感覚で今日は是非このブログを読み進めてくださると嬉しいです。

そういう訳で、今日は、foapというアプリを紹介致します。
最初にアプリのオススメ度を書かせてもらうと、
一眼レフユーザーにはオススメできません。
その理由を下に書きます。

foapは、アンドロイドでも、IOSでも、利用可能です。
自分が撮った写真を審査なしでfoapマーケットというサイトに出品できるというもので、
ミッションで優勝すると、foapマーケットとは別の、
Getty images という大手の写真画像代理店で販売してもらえるんです。

正直、ミッションで優勝しないと、foapを有効活用できなさそうですけどね。

対象ユーザーについてですが、
スマホユーザー、一眼レフユーザー、そして、
ネットから人が撮った写真をダウンロードして、投稿する拾い画ユーザーと、
制限はなく誰でも利用できます。

ですが、使ってみて思いました。
このfoapは、スマホユーザー向けのようです。
その次に優先されるのは拾い画ユーザーなんです。
ちょっと、「え?」って感じですよね。

投稿してある写真の情報を見てみると大半が
IPhoneか、情報なしなんです。
スマートフォンや、その他カメラで撮った場合、情報をなしにする事は不可能ですので、
情報がない人はインターネットからダウンロードした画像を使った可能性があると言われています。

スマートフォンを使おうがどんなカメラを使おうが写真は写真ですからね、
スマホユーザーが優先されていても何も問題はありません。

問題は拾い画ユーザーが優先されていることです。
著作権だったりを、侵害しているわけですからね。

foapには審査がありません。審査がない事によってそういう写真をある意味、「許可」している訳ですから、
foapマーケットはメチャクチャです。
上半身を曝け出した女性の自撮りに、ブレた写真に、コントラストがおかしい写真、もう色んな写真が売られています。

やるだけ無駄だったな。という気分になりました。

おまけに、ユーザーもfoapに影響されたのか、考え物な行動をするユーザーが大勢います。
foapには、星5制でで、人の写真を評価する機能がついています。
それを利用して、人の写真の評価を意図的に下げ、自分の写真が売れるように操作する人が沢山いるんです。
評価が下げられすぎると、売れる確率がグーンと下がります。
だから私は、foapをやめざるをえなくなり、このレビューを書いているんです。
それも、評価を下げられる人のはみんな一眼レフユーザーなんですよ(泣)
嫉妬や悔しさにより一眼レフユーザーは評価が下げられているわけなんです(泣)
スマホユーザー向けだなと思った理由は、こういう経験をしたからでもあるんです。

考え方によっては、foapは、元からスマホと拾い画専用なのかもしれませんね。
だったらfoapは「スマホダケネ」とか書くべきだと思いますけどね。。。

最後に、とーっても言いにくいのですが、
大半のユーザーの写真の質が低いです。。プロレベルの写真はほんの少ししかありません。。
写真の購入も自演する人がいるという説があります。
本当に写真が好きな人、得意な人は、foapにはあまりいない、相当少ないと言っても良さそうです。。

まとめますと、foapは、「嫉妬と誹謗中傷でできているやりたい放題写真販売サイト」という事になります。

以上が、一眼レフユーザーにはオススメできない理由です。
全体をまとめますと、foapを使って損しました。
使うんじゃなかったです。酷すぎて絶対にオススメできません。

このレビューはfoapを使いたいと思っている一眼レフユーザーに向けて書きましたが、
やはり荒らしはスマホにせよ、何にせよ、腕が良いユーザーには来そうです。

それでもどうしても使いたい人は、
・一眼レフユーザー
・周りから絶賛されるほど腕がいいユーザー(簡単に言えばプロの事です。)

これらに当てはまる人は気をつけて使ってください。

もし、このレビューを見て、foapを使いたくなくなって、
写真を売るサイトやアプリが見つからない。という場合が、あると思いますので、

2つほど、オススメサイトとアプリを紹介致します。

1,Eyeem
撮影技法から加工まで凄腕ユーザーが大勢集まったコアな世界の写真共有サイトです。
みんながみんなそう。という訳ではなく、インスタグラムが使いにくいという理由でこのEyeemで自撮り等を、
売らずに投稿している方もいますので、色んなユーザーが居やすくなっています。
投稿する際に写真を販売するボタンをオンにするだけです。
Eyeemには審査がありますが、基本、相当酷い写真を売りに出さない限り、審査には通ります。

2,PIXTA
本格的に写真を売りたい人が使う国内のみの、写真素材サイトです。
PIXTAにも審査があります。PIXTAは審査基準がイマイチ分かりませんが
基本めちゃめちゃ画質が良かったら良いみたいです。


以上で終わります。
最後までお読みくださりありがとうございました。
楽しい写真販売ができる事を願っています。







Return Top