口コミ・評判・レビュー「しるべ」

ビブリア古書堂の事件手帖 7 一応の幕引き


この本をたまに購入し読んでいましたが、なかなか難しいとも思える感想もでる本でした。
この7巻で完結のようなかんじで 主人公の店主篠川栞子(しのかわ しおりこ)と
一緒に働いている 五浦大輔(ごうら だいすけ)が最後はよい まとまりになるのですが
物語をよんでいて 古書について為になることや 「そういうものなのだろうか」
と考えさせられたり 特に7巻に関しては ロミオとジュリエットの古書がどうこうは 「えー」という
驚きものが!毎回 すごいというものは あるのですが。
 シェークスピアの悲劇「リア王」のことまで語られてあり 判りやすいと思う事もあり本当に
楽しいというより為になるが印象の本なのです。 なんとなくアニメのが解りやすいかとも・・f^^

 この小説の終わり方が 栞子が大輔に 「ファースト・フェリオは・・・・・」と説明が途中でおわるのですが
このあとは 読む皆様のご想像でみたいな終わり方が作者 三上 延さんの お茶目な一面にも思え よきかな~f^^
でも まだ これで終わりではなく番外編等を出すおつもりで 楽しみがまだ ありそうです。

 小説が好きで 古書に興味があるとか古本屋さんをみたりの方に特に お勧めの小説ですね 





  しるべのオススメ情報「いま読まれている本」を今すぐチェック!


Return Top