口コミ・評判・レビュー「しるべ」

アメリカのビザ – 永住権 (グリーンカード) – Immigrant Visas – 市民権や永住権を持つ人がその家族のスポンサーになり、永住権を取得するケース



・スポンサーとなる人がアメリカ市民権を持つ場合
次の最近親者のために移民ビザの申請することが可能。
1.配偶者、21歳未満の未婚の子供、アメリカ国外・国内において養子縁組した18歳未満の孤児、21歳以上のアメリカ市民の親
*このカテゴリーのビザの発行数には年間割当がない。
2.未婚の子供、既婚の子供(その配偶者および子供)、21歳以上の兄弟・姉妹(その配偶者および子供)
*このカテゴリーのビザの発行数には各々に年間割当があるが、申請は可能。
・スポンサーとなる人が永住権を持つ場合
配偶者、21歳未満の未婚の子供(実子と継子)、18歳未満の養子また、21歳以上の未婚の子供。
*このカテゴリーのビザの発行数には各々に年間割当があるが、申請は可能。


Return Top