口コミ・評判・レビュー「しるべ」

Bluetooth スピーカーでスマートフォンの音楽をガンガン聴こう!!!

昨今、音楽を聴く環境もコンテンツも一昔に比べれば、がらりと変化しました。
iPhone7の登場でヘッドホン端子が無くなりヘッドホンもワイヤレスが主流に
なりつつある今、たまにはスピーカーで音楽を楽しむのも良いものです。
最近のBluetooth スピーカーの性能は目を見張るものが、あります。
こんなに小さいのに、なんといい音と言いたくなるレベルにまで来ています。
その代表格がBose SoundLink Mini IIで誰もが手にしたくなる逸品です。
手のひらサイズで、この音質を実現している流石は一流メーカーのBoseの技術。
よく伸びる高音とドンドンと響く低音を奏でています。ユーザーの間ではこれを
ドンシャリと言った感じで表現しています。
もう一つはSONY h.ear go SRS-HG1 L になります。
この機種はハイレゾ対応で、かなりの広音域帯を鳴らしきる高音質
スピーカーです。
またBluetoothだけでなくLDAC/Wi-Fi/NFC対応で多彩なワイヤレス接続が
可能です。
Boseに勝るとも劣らない音質で後は聞く人の好みだけで、
差を感じる事はありません。
最後にJBL FLIP3 です。このモデルのみJBL特有の円錐形デザインで横に低音用の
パッシブラジエーターを搭載、見事な高音質を実現しています。
また、唯一IPX5防水機能を搭載し多少の水濡れにも対応しています。
この機種は三機種の中で1万円ほど価格が安く一番のお手頃お買い得モデルです。
しかしどれも1万円から3万円弱お値段がするモデルばかりで簡単に購入を
決めれる商品では、ありません。
そこで、気軽にスピーカーでの音楽が聴けるモデル。
SONY SRS-X1になります。上記の三機種には、音質はシングルスピーカーなのと
その小ささの為、劣りますが、そのユニークな球体デザインと多彩な
ワイヤレス接続、低音用のパッシブラジエーターも搭載していて、
しかも防水まで対応している。価格は6千円~8千円で人気を博しています。
防水機能はIPXで表示されている。数字が多いほど防水性が高いとされています。
この機種はIPX7/IPX5相当とされIPX7は水洗い出来るレベルとされています。
上記三機種より音質は劣るとは言えスマホ本体のスピーカーで聞くのとは、
雲泥の差SONYの技術が沢山詰まっています。
これで十分な人も多いはず、よくお風呂で聞いていると投稿を目にするが
そう言う人には、持って来いのスピーカーなのでしょう。
最後に今Amazonなどで、外国の製品など千種類程のBluetoothスピーカーが
販売されています。1万円以下はざらで中には千円を切る物まで、盛り沢山
5,6,7千円くらいで上記で紹介した三機種と引けを取らない物も存在します。
今後、安くても高音質なBluetoothスピーカーを紹介レビュー致します。




Return Top