口コミ・評判・レビュー「しるべ」

2017年子どもの習い事事情

私が小学生だった25年ほど前は、
習い事といえば・・・ピアノ、習字、スイミング
男のはサッカーチームや空手の道場に通っていたり、
女の子はバレエやストリートダンスを習っている子もいました。
憧れましたね、バレエ女子!

私はといえば、ピアノ・習字・テニスを習っていました。
テニスを習う条件が体力づくりのためのスイミングに通うことでしたので、
小4まではスイミングに行き、それからテニスに変えた経緯がありました。

さて、親になり、子どもには色んな経験の中から自分が好きなものを見つけ出してほしいと思うようになりました。
それと同時に、将来のためになる習い事に通ってほしいとも。

将来のためになる・・・とは、一体どんな習い事なのか。
それは、その「将来」になってみないとわからないけど、
世の中もその「将来」を見据えて、習い事事情が昔とだいぶ変わってきている様子です。

最近では、親の熱視線は、英語とプログラミングに向けられています。
小学校ではプログラミングが必修科目になり、英語の授業も既に開始されました。
プログラミングができるということは、仕事をするステージは世界に開放されたことであり、
英語というコミュニケーションの武器を携え、いかようにも活躍する可能性がそこにあるのです。

教育番組でも子ども向けにプログラミングを解説していたりしますね。
それだけ身近で、便利で、今後いっそう求められるスキルであると言えます。

選択肢が広がり、親も子どもも習い事選びに迷ってしまいますが、
ぜひ、プログラミングもその選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。




Return Top