口コミ・評判・レビュー「しるべ」

パソコンリサイクルセンターで古いパソコンの処分

パソコンリサイクルセンターパソコンリサイクルセンター

WindowsXPのサポートが終了し、ひとつの時代に幕が下りたのは記憶に新しい話だ。
中には慌ててパソコンを買い換えた人も少なくはないはずである。
私もその中の一人で、その際に古いパソコンを処分しようとしたのだがこれが難儀した。
最終的には無料で処分することが出来たので、以下に体験談を記そうと思う。
私と同じように、もう使わなくなったパソコンの処分法が分からず部屋の隅で埃をかぶっている…
そんな方の一助となれば幸いである。

さて、パソコンというモノだが、これは単純に大型ゴミで出そうとしても引き取って貰えない。
本体だけでなく周辺機器も担当者のさじ加減一つで扱いが変わってしまう。
事実私も一度は壊れた周辺機器を清掃工場に持って行ったのだが、
「プリンターは処分してもらえたがスキャナはパソコン扱いで拒否」
という不可解な扱いを受けた。

同時に、「パソコンはこの業者に回収を依頼してください」と連絡先の印刷された紙を渡された。
調べてみると、有料で古いパソコンを引き取ってもらえる業者のようだった。
しかし有料になるならバラしてパーツをジャンク品として売ってしまった方がいいだろうか、
そう考えてなおも検索を続行していると、やはりあった無料引き取り業者。
私が利用したのは「パソコンリサイクルセンター」という業者だ。
不要になった古いパソコンをダンボール箱に詰めてゆうパックの送料着払いで送るだけ。
ハードディスクのデータも丁寧に消してくれる。

この業者の優れているところは、他の不要品も、おおよそ電気で動くものであれば
ほとんどあらゆるものをまとめて引き取ってくれるというところだ。
パソコンの周辺機器は勿論、家電、デジカメ、携帯電話、ゲーム機、ゲーム機周辺機器、その他諸々。
ただし、規定サイズのダンボール箱に入るだけのものだということは留意願いたい。
(逆に言えば、ダンボール箱に入るのであれば詰め込めるだけ詰め込んでしまって構わない)
私は先述の清掃工場で処理を拒否されてしまったスキャナと、
壊れて動かなくなったゲーム機のコントローラー、
古いブラウン管テレビを処分した時に一緒に捨てるのを忘れていたリモコンまで箱に詰めて送った。
結果、その全てを無料で引き取ってもらうことが出来たのである。

行政に言われるまま有料の業者に頼もうとしている方、
有料で処分するのが嫌だからと言って不法投棄すら頭によぎってしまう方は
是非とも利用を検討してみていただきたい。


URL :
TRACKBACK URL :

Return Top