口コミ・評判・レビュー「しるべ」

可愛がっていたインコとの別れ~ペットの葬儀~

20160708_120854
今から1週間前の9月2日にセキセイインコのゆずが亡くなりました。まだ、4ヶ月の幼鳥で急な死に心の整理がつかない毎日です。
3日ほど前から寝てることが多くなり、羽を膨らませていたので調子が悪いのかな…と心配していましたが、食欲はあり吐くことも下痢をすることもなく、羽を膨らませて寝ている他に症状がないので様子を見ていた矢先、急に容態が悪化して旅立ってしまいました。病院は運悪く時間外で診てもらうこともかなわず私の顔を見上げながら静かに息を引き取りました。
どうしてもっと早くインコを診てくれる病院を探さなかったのか、あの時早くに病院へ連れていかなかったのか、本当はもっと前から具合が悪かったのを見過ごしていたんじゃないかとか、後悔の念でいっぱいです。インコを診てくれる病院は実はなかなか無く、たとえ診療動物に小鳥と書いてあっても、電話で問い合わせてみないと本当に診てもらえるかわからないのです。犬や猫を診てくれるお医者さんはたくさんいますが、その他の動物はちょっと…というお医者さんがかなりいるとい事実はショックでした。
時間がたつと、泣いてばかりもいられない、ゆずは苦しい思いをしたのだから少しでも早く安らかに眠らせてあげないとと思うようになりました。
あいにくわが家のすぐ近くにペットの葬儀も受けてくれる観音寺があるので翌日連絡をいれその日のうちに葬儀を行いました。
葬儀・火葬・共同墓地・永代供養で8000円でした。
お骨を拾いたい場合は12000円でした。
私の場合、火葬前後の姿のギャップに耐えられそうになかったのでお寺の方で拾って埋めてもらうことにしました。
ペットの大きさで料金は変わりますが、個別のお墓を要望される方はさらにお墓代が別途加わります。なかには飼い主と一緒に入るお墓を購入される方もいらっしゃるようです。
葬儀はしめやかに行われ、お経、焼香と30分ほどで終わりました。
家から徒歩3分ほどのごく近所なのでいつでもお参りできるので有り難いかぎり。
今、ゆずは牛田山の中腹で広島の街を眺めながら眠っています。
これからは罪の償いにお参りしようと思います。
小鳥をはじめ、ペットを飼っているみなさん、くれぐれも私のように後悔をしないようペットの体調には注意してあげてください。
話すことができない動物はどこが悪いかツラいか理解しにくいと思います。でも、飼い主さんの「おや?」は一番当たります。
小動物など特殊なペットを飼っているみなさんは病気はしていなくてもいざという時のために自分のペットを診てくれるお医者さんを見つけておいたほうが良いと思います。
ペットを愛する人たちに私のような悲しい思いをしてほしくないです。


Return Top