口コミ・評判・レビュー「しるべ」

プーアル茶 *5大副作用

プーアル茶は、中国雲南省南部や広東省などで生産されている中国茶の1つである。
ポーレイ茶、黒茶、後発酵茶、微生物発酵茶などいろいろな別称をもつが、プーアル茶と呼ばれることが多い。
ちなみにプーアル茶は漢字でプーアル茶(普洱茶)と表記される。


女性が大量に飲むと望ましくない時期
1.生理がくる時期
生理がくるときは、大量な鉄分が流されるため、鉄分を多く含める野菜などの摂食をしなければならないです。食後にプーアル茶を飲むと、『鞣酸』(50%の割合)は腸が鉄分を吸収することを影響するのです。

2.妊娠中
プーアル茶はカフェイン10%も含有するもので、
妊婦のオシコ量の増加、心拍回数の上回り、心臓と腎臓の負担も大きくなるのです。

3.出産前
カフェインを含有するため、出産前に飲むと不眠したりして、寝不足による出産の危険性が高まるのです。

4.哺乳期
飲むと体がカフェインを吸収し、乳とともに赤ちゃんに飲ませると、成長するのに良い影響を当たらないでしょう。

5.更年期
更年期の女性はめまい、体がだるい以外にも不眠、情緒不安、イライラするなどの現象が表します。ですので、自分の調子に合わせて、毎日飲む量を決めたほうが良いではないかと思います。


最後に、適量に飲んでいれば健康的ですし、ダイエット効果もあります。大量に飲みすぎると体を崩します。
なんでもそうです。やりすぎると副作用がでます。





Return Top