口コミ・評判・レビュー「しるべ」

知っていますか? サントリー天然水の3水源

現代の日本では普段の飲用水として水を買うという人が増えたように思います。
ひと昔前までは水を買うという考えはなかったのですが…
諸説あるかと思いますが、きっかけは水不足を懸念し備蓄するよう国が言ったことが始まりという話を何となく聞いたことがあります。(水の歴史にはまた別の機会に書きたいと思いますが…)

そんな現代には大手メーカーから地元企業まで水のビジネスは大小様々な企業に広がっています。

「いろはす」「サントリー天然水」「六甲のおいしい水」「森の水だより」「エビアン」「ヴォルビック」「コントレックス」などなど
国内ブランドから海外ブランドまで様々なミネラルウォーターが販売されています。

中でもSUNTORYの「サントリー天然水」には水源が3つあるのは皆さまご存知でしょうか?
何気なく買っていると気づかないかもしれないですが、「サントリー天然水」では販売エリアによって水源地が異なり、製品にもちゃんとそれぞれ名前がついているのである。

よく知られているのが、「サントリー南アルプスの天然水」だと思う。
実はあと2種類の天然水がある。
それが、
「サントリー阿蘇の天然水」<あそ>
「サントリー奥大山の天然水」<おくだいせん>
である。

同じサントリー天然水ではあるけれど、やはり採水地によって硬度も変わってくるようで、
「サントリー南アルプスの天然水」…硬度約30
「サントリー阿蘇の天然水」…硬度約80
「サントリー奥大山の天然水」…硬度約20
と、それぞれの硬度の違いはこのようになる。

ネットではどの天然水も購入することはできるが、コンビニやスーパーなどで購入しようと思えばそれぞれの販売エリアに足を運ぶしか方法がない。

阿蘇の天然水は九州、沖縄地方
奥大山の天然水は中四国、近畿+「石川、栃木、富山、福井、三重」
南アルプスの天然水は東日本

旅行の際に気にかけて見るのもおもしろいかもしれない…。


Return Top