口コミ・評判・レビュー「しるべ」

髪のドライヤーとキューティクル

髪はドライヤーの温風によって高温になると、キューティクルが傷んで
剥がれやすくなります。
しかし、濡れた状態でもキューティクルが剥がれやすくなっています。
髪からドライヤーの温風吹き出し口まで20cm程度離して乾燥する。
温風を長時間当てることも髪が変質し「ダメージヘア」になってしまいます。

髪に当てる温度は70度前後までと言われ、それを超えると髪がヤケド状態に
なります。
ドライヤーしている最中に焦げ臭いにおいを感じたら、すぐにドライヤーを
遠ざけましょう。

髪を大切に、ドライヤーするにも神経を使いましょう。
hair01


Return Top