口コミ・評判・レビュー「しるべ」

ビデオカメラで上手に「ズーム映像」を撮影するコツⅣ

ズームを使って遠くの被写体に寄って撮影することを「ズームイン」と云い
反対に被写体から広角へ移る撮影を「ズームアウト」と云う。

最初に撮影スタートしたら、その画角のフィックス映像を約3秒間くらい撮り
そのままノーカットで、その画角の被写体にズームインしていきます。
そして被写体の場所の情景を撮影します。
シーンカット前にまた、フィックス映像を約3秒間くらい撮りましょう。

次に、被写体からズームアウトしていくと、その被写体がどんな場所に有ったか
その映像を視聴する人に解ります。

ビデオ撮影はズームなどを使用せずに、その被写体の場所まで行って撮影するのが
よいのでしょうが、どうしても行けないこともあります。
映像効果を高めるために、いわゆる「船酔いの映像」にならないよう
三脚を使用して撮影するのがベストです。また、カメラによってズームの
スピードが違います。撮影前によく確認しておきましょう。

ズームには、光学ズームとデジタルズームとあります。
光学ズームは望遠レンズを使っての拡大撮影ですが、デジタルズームは映像を
拡大するので画質が低下します。出来ればデジタルズームの使用は避けましょう。


Return Top