口コミ・評判・レビュー「しるべ」

ビデオカメラで上手に「良い映像」を撮影するコツⅡ

フィックス映像(固定)の撮影準備をします。
①撮影場所を確保する。撮影を妨げるものはないか。構図・画角は良いか。
 逆光にならないか等を踏まえて場所の確保をする。
②撮影準備をする。三脚を組立てカメラを取り付ける。
 カメラリハーサル(カメリハ)をする。カメラの水平はとれているか。
 三脚に付いている水準器又はカメラの液晶モニターにグリッドラインを
 表示し水平や垂直の傾きを補正する。
③録画をスタートする。ワンカット10秒程度撮影する。被写体の動きに
 よっては10秒以上撮影しても構わない。カットして次の撮影をする時
 前の画角と同じ画角の撮影避けること。前の画角を撮影したい場合は
 一度別の画角の映像を挟むと良いでしょう。
 同じ被写体でも、撮影位置や画角を変えて多く撮ると映像にメリハリが
 ついて見る人を楽しませることが出来ます。
 またその映像にストーリー性をもたすことが出来たら「最高のビデオ」
 と言えるでしょう。

「ビデオカメラで上手に「良い映像」を撮影するコツⅢ」で
パーン撮影の方法について紹介します。
 


Return Top