口コミ・評判・レビュー「しるべ」

世界旅行、一度は訪れたい場所:エジプト・アスワンハイダムとアブシンベル神殿

世界文化遺産アブシンベル神殿と広大なアスワンハイダウ(ナセル湖)

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

アブシンベル神殿から見るアスワンハイダム(ナセル湖)

アブシンベル神殿から見るアスワンハイダム(ナセル湖)

アブシンベル神殿から見るアスワンハイダム(ナセル湖)

アブシンベル神殿から見るアスワンハイダム(ナセル湖)

  • 行程:成田空港から空路カイロ国際空港へ。カイロ国際空国からアブシンベル空港
  • 費用:約20万円
  • 思い出:大神殿と小神殿からなる。建造主はラムセス2世。小神殿は最愛の王妃ネフェルタリのために建造。1960年代、ナイル川にアスワン・ハイ・ダムの建設計画により、水没の危機にあった。それをユネスコが、国際的な救済活動よって、アスワン・ハイ・ダムの建設によってできた人造湖のナセル湖のほとりに移設した。是非一度訪れてみてください
  • アドバイス:エジプト航空の国内線のパイロットは操縦が荒っぽいので注意。そのパイロットは、エジプト空軍のOBが多いと聞いたが、アクロバット的な操縦をするときがある。保険はたくさんかけて行こう。
世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。残念ながらこれだけ崩壊している。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)のラムせス像。青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像。

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)の内神殿への入り口

世界遺産アブシンベル神殿(大神殿)の内神殿への入り口。

世界遺産アブシンベル神殿(小神殿)

世界遺産アブシンベル神殿(小神殿)。立像が6体あり、そのうち4体は王、2体はネフェルタリ。脇には王子と王女を配置。

 

― 是非、一度訪れてみてください。―



Return Top