口コミ・評判・レビュー「しるべ」

加湿器いろいろ

スクリーンショット 2015-12-02 3.34.35
スチーム式」や「気化式」「ハイブリッド式」「超音波式」など、加湿器にはいくつかのタイプがあり、目的や用途にあったものを選ぶことが大切です。

「スチーム式」とは?
原理:ヒーターで水を温めて蒸気を放出。やかんのお湯で加湿効果を得るのと同じ原理。
メリット:水を沸騰させるので、カビや雑菌が空気中に放出されず衛生的。安価で加湿もスピーディー。
デメリット:湯気が熱いので火傷の可能性。消費電力が多め。

「気化式」とは?
原理:水を含ませたフィルターに風をあてることで、湿った空気を放出し、加湿する。洗濯物を室内干しして加湿効果を得るのと似た原理。
メリット:火傷の心配が無く、電気代も少ない。また、気化現象を利用しているので、加湿のし過ぎが無い。
デメリット:加湿用の水を沸騰させないので、手入れを怠った不潔な状態だとカビを撒き散らすことに。加湿のスピードはスチーム式に比べて緩やか(製品によっては、風量を多くして加湿能力を高めた製品もある)。

「ハイブリッド式」とは?
原理:気化式にヒーターをプラスしたハイブリッド方式は、気化式のメリットを活かしつつ、ヒーターによる加熱で加湿のスピードをアップする。
メリット:湿度が充分に高くなるとヒーターの電源を切り、低消費電力で湿度を維持。
デメリット:本体が大きく価格も高価になりがち



Return Top