口コミ・評判・レビュー「しるべ」

今、歌舞伎が面白い!

歌舞伎座で八月納涼歌舞伎を観てきました。
いつもの月は「昼の部」と「夜の部」の二部制ですが、八月は若手を中心に三部制になっていて、季節柄(!?)怪談話的なものが多いです。その内の一つ「怪談乳房榎」は…。
「歌舞伎」というと“堅苦しい”“難しい”と思われがちですが、何の何の、ストーリーは単純でわかりやすく、衣装・化粧・舞台装置(今回はナント! 舞台上に本物の水を使っての滝が登場)に加えて、早変わり(こっちから入ってあっちから出てくるときには別人…なんていうのは当たり前、すれ違いざまに入れ替わるなどというイリュージョンもあり!)などという見せ場がいっぱい! イヤホンガイドや字幕ガイドを活用するとさらに魅力がアップしますが、一部、二部、三部と、同じ役者が一日のうちにいろいろな役柄を演じ分けているのを観ているだけで面白い!


Return Top