口コミ・評判・レビュー「しるべ」

沖縄旅行で食べよう「中身汁」!

「中身汁」とは、豚の内臓(モツ)に蒟蒻や椎茸、蒲鉾などの具材が入った汁物料理です。
豚の内臓は、丁寧に綺麗に洗っていて、鰹や醤油の味付けで、臭みも無く上品で非常にあっさりした料理になっています。そこに、おろし生姜をトッピングすると、ヤミツキになります。
豚の内臓は食感もよく、さらに脂身がほとんどないので、非常にヘルシーな健康料理となっています。
沖縄旅行で、是非とも味わって欲しい一品です。

写真は「我部祖河食堂(がぶそかしょくどう)」の「中身汁」です。
「我部祖河食堂」は、沖縄そばやソーキそばで有名ですが、定食物もあります。
沖縄の食堂(大衆食堂・定食屋)は、定食となっていますので、「中身汁」だけを注文すると、ご飯や漬物等がついてくるので、「中身汁」と「味噌汁」と「ご飯」と「おかず」と注文したら大変なことになりますので注意してください。
ただし、居酒屋では、通常は一品料理なので、定食物は「○○定食」とメニューに書かれているはずです。

沖縄に来たら「中身汁」を是非とも食べてみてください。
やみつきになって、自宅でも作りたくなるかもしれませんよ。

CA3F0092
CA3F0092



Return Top