口コミ・評判・レビュー「しるべ」

熱中症対策について

ちょっとまじめな話題
今回はまだまだ猛暑が続く夏に重要な熱中症対策について紹介したいと思います。
私が部活で実際にやっている対策や緊急処置を紹介しますので是非一度読んでいただけたらと思います。

まず熱中症の症状と予防についてこちらのサイトをご覧ください↓
熱中症の症状と予防のポイント
このサイトを見てわかるとおり熱中症の症状は様々あり、予防もたくさんあります。
しかし緊急時にこんなに多くのことは覚えていられないと思いますので、もしかかった時に真っ先に対処してほしいポイントを2つほど紹介します。

まず1つめはリンパを冷やすこと
といってもリンパがどこにあるかなんてわからすかって感じですよね(^^;)
私もマネージャーになるまでよく知りませんでした。
ざっくりと説明するとリンパは身体の神経の一部で体温の調節を行う役割も担っている場所です。
その肝心なリンパ神経に最も近い場所は、脇、首回り、内腿です。
軽度でも重度でも熱中症にかかったらこの3つの部位を冷やしてください。
そうすることで体内の熱を外に出し、体温を下げることができます!
ちなみにこれは発熱の時も応用として使えるのでお子様がひえぴたや氷枕を嫌がるときはこのどれかを冷やしてあげてください!

そして2つめは水分の塩分濃度を調節すること
これは難しいかもしれませんが本当にやってほしいです!!!!
おそらく熱中症かな?と思った時に飲むのはスポーツドリンクが多いかと思われますが、市販のスポーツドリンクは軽度の熱中症には濃すぎます。
そして体内の塩分濃度が濃くなるとその塩分の分解に水分が使われ、体外に排出され余計に熱中症になりやすくなってしまします。
そのため軽度の時はスポーツドリンクに2倍量の水を、中度では同量の水を加えて飲んでください。
重度の時はそのまま飲んでも大丈夫ですが、どの段階でも飲み物は必ず常温で摂取してください!
水分の吸収率もあがる上に身体が冷えて水分を外に出そうとすることもなくなります。
効率化と二次災害(?)対策のためにもぬるくてまずくてもなるべく冷たい飲み物は避けてください!

なにかと話題になる熱中症対策ですが、とりあえずこの2点を覚えておけば最低限の救急措置はとれます。
特に一つ目のポイントは発熱時も役に立ちますし、軽度重度問わないので是非覚えておいてください!!
まだまだ暑い日が続きますが、皆様が健康で過ごせますように(^^)

↓よかったらクリックをお願いします↓
【あなたも口コミで在宅ワークをしてみませんか?】 >> 商品やサービスのレビューをするだけ! <<


Return Top