口コミ・評判・レビュー「しるべ」

合成界面活性剤入りシャンプーをやめるとハゲが劇的改善

IMG_1367

今まで、とにかく、髪のためにあれをしたほうがいい、これをしたほうがいいと
情報を溜めこんで実践しましたが、
今回はじめて、やめたほうがいいことに目が向いたわけです。
今までは、皮膚科にいってもいつも違う「副腎皮質ホルモン剤」
配合の軟膏やクリームを処方されるだけでした。
アンテベート、リドメックス、リンデロンなどなど、ストロング~ベリーストロングの
ステロイド系塗り薬はかなりの量を試しましたが、根本的な解決にはなりませんでした。
そして、前回も書いたように、ある皮膚科の先生から
「シャンプー犯人説」を聞くことになります。
「悪い皮脂」を退治する正義の味方「スカルプシャンプー」が、実は犯人だった。
という
ミステリー小説のような展開でしたが、実は以前からその噂は聞いていました。
一番良さそうな人が、犯人パターン!
合成界面活性剤という悪の親玉のようなものが配合されていると完全にOUTだと。
脂汚れの落ちにくい食器などを洗う際の洗剤に配合されているものです。
洗剤で頭を洗っていたと思うとぞっとします。
あの生命力のカタマリ「ゴキブリ」でも界面活性剤入りの洗剤を、わずかにたらすと
イチコロです。
ゴキブリのあの黒光りしている体は、油分でおおわれていて、それが、ゴキブリを
強力に保護しているらしいのですが、
合成界面活性剤により、脂が取り除かれ、毒素がゴキブリを殺すのだそうです。
皮脂腺というのは、必要だから、皮膚にあり、それが、薄い脂の層として、皮膚を
守っているという構造は、人間もゴキブリも変わらないとのことでした。
だから、ある程度の皮脂は絶対に必要。
皮脂の分泌が多すぎて毛穴がつまるような状態はよくありませんが、
それも、なにもシャンプーなんか使わなくても、
お湯で洗髪するだけで十分に落ちるそうです。
そして、お湯の洗髪で落とすことのできない皮脂は、そもそも落とすべき皮脂ではないということです。
これを誤って落としてしまうと、皮脂腺は、皮脂の不足を感じ、皮脂腺を肥大化させさらに皮脂を分泌しようとする。
また、取り除く。
さらに、また、大量の皮脂を分泌しようとする。
悪循環です。
著名人でも、シャンプーをしないという人はたくさんいるようです。
特に髪の毛ふさふさの人に多いようです。
作家の五木寛之さんなどは、「高齢+ふさふさ+シャンプーなし」の代表みたいな人ですよね。
年に4回しか頭を洗わないそうです。以前は年2回だったそうです。
ま、遺伝的要素もあるのでしょうが、それでも・・・
また、よくホームレスの人にハゲは少ないなどと言われます。
ホームレスの人は、髪をあまり洗わないからだとされていますが、真偽のほどは分かりません。
でも、元々シャンプーなんてものが出てきたのが最近で
それ以前はなかったわけですから、なにも必需品ということでもなさそうです。
動物の毛がシャンプーなんかしなくても、ふさふさ、つやつやなのは、
自然な皮脂によって皮膚が健康に保たれているからでしょう。
べつに、皮脂のにおいなども気になりません。
そこで、私もすこしづつ
「脱シャンプー生活」「卒シャンプー生活」を始めてみることにしました。
「原発」  みたいですね。
しかし、私にとっては、髪の問題は、
「原発問題」に匹敵するか
それ以上の大問題だったのです。


Return Top