口コミ・評判・レビュー「しるべ」

ユーレイルパスでヨーロッパ旅行

旅行で一番思い出深いのはヨーロッパ旅行だと思う。

学生のとき、ユーレイルパスでの貧乏旅行で独りでヨーロッパに行った。

今考えると携帯もない時代、若い女性が独りで外国にいくのはかなり心細いはずだが、そんなに心配はなかった。

ベルトポーチに現金やパスポートをつめ、バックパックを背負っていくので見た目は若い女性といっても冒険家のようにも見える。

フランスでは一番長い間滞在した。モンパルナスやモンマルトルのカフェでのコーヒーは今までで一番おいしかったかも知れない。

芸術家の足跡をたどって散歩していると、きれいな景色にも出会い、ヨーロッパはナンパも多かった。

有名な絵画や公園、美術館、モールやカフェ、宮殿、そして何気ない普通の道路の美しさと石畳は日本人のプライドを満足させるものだった。

iledere1

イタリアのフローレンスや、ヴェネツイアの水の街が今でも自分の心に刻まれて生きている。

そして人々の繊細な美しさと優しい知性がきらきらと思い出になり、他のつまらない悲しいことを消してくれる。若い頃の貧乏旅行が、今も自分を支えてくれている。

 


URL :
TRACKBACK URL :

Return Top