口コミ・評判・レビュー「しるべ」

DHCのヘム鉄で不足している鉄分補給

新聞の広告なんかで、最近多いのが、とにかく現代人は食べ過ぎ、栄養過多の状態だから、食べる量、回数を減らすことを勧める本が多いような気がします。
食べ物を消化するのに、フルマラソンくらいのエネルギーを消費するので、
病気を治癒するほうに回らないと唱えている方もいらっしゃいます。
本当のところは分かりませんが、
食品の量は、減らしてもいいと思いますが、栄養のバランスは常に気を付ける必要があると思います。

実は、朝抜き、昼ざるそば、夜豆腐2丁の生活をしていたところ自律神経失調症のような症状になった経験があるからです。

とにかく舌先がしびれて、よだれがよくでます。
普通にしゃべるのがたいへんなほど、そこで、ネットでいろいろ調べてみると、鉄分が不足するとそういうことがおこるということが分かりました。
そこで、鉄の貯蔵量を示す、フェリチン値というのを血液検査で計りました。
通常の血液検査では血中の鉄量しかみないため、貯蔵量まで確認できないので、あえて、
フェリチン値を計測することを医者にお願いしてとってみました。

体重が減れば、ほとんどの数値は正常値に改善します。
年齢と関係なく、体重と強い相関関係があります。
フェリチン値の結果は、健常域でしたが、健常域自体にかなり幅がある中で、結構低い値でした。
医者には特になにも必要ないとは言われましたが、個人差がかなりあるところなので、

DHCのヘム鉄という、吸収のいい鉄分をサプリメントで取ってます。

フェリチン値
フェリチン値




Return Top