口コミ・評判・レビュー「しるべ」

45年経っても色あせない音楽:クリムゾン・キングの宮殿

このアルバムは、当時ヒットチャートの一位を疾走していたビートルズの「アビイ・ロード」を抜き去り、忽然とチャート一位に坐ったキング・クリムゾンのデビューアルバムです。

確かに収録曲は粒ぞろいで、「21世紀の精神異常者」(超管理社会の恐怖)や「エピタフ:墓碑銘」(核戦争後の悲惨さ)のような、近未来の状況を歌ったハードな曲もあれば「風に語れば」とか「ムーンチャイルド」のように牧歌的な曲もあります。

このCD、アルバムとしては1969年に発売されましたが、このアルバムの現在性はいまも色あせていません。また、ミュージシャンの中には、セックス・マシンガンズのようにこのアルバムの印象的なジャケットを模倣する者もいて、現在でもこのCDは、熱い視線で見つめられているのでしょうね。

アマゾンでは、いくつも掲載されていますが、「ファイナル・ヴァージョン」「紙ジャケット仕様」2006年  で、新品2700円を改め、2503円、中古で1074円になっています。



クリムゾン・キングの宮殿



Return Top